あごのラインをシャープにする!



スポンサードリンク

あごの骨削りによる輪郭補正


長くしゃくれたあごを整形するには、あご骨を削る方法があります。
骨を削りますので、手術にかかる時間が長くなり、出血や腫れが術後は発生します。

口の中を切開することで術後の傷が目立たないような配慮が行われています。

腫れが完全に引くまでには2−3ヶ月を要するのが一般的で、フェイスバンドを取り付けての生活となります。

あご先の骨は、その人の独特な部分で、形が変わってしまうと顔の印象もガラリと変わってしまう場合があります。そのため、症状によっては、あごの骨を中抜きにして長さを短くし、あご先の骨は残しつつ手術する方法も採用されています。
posted by ago at 17:12 | アゴを整える通信

シリコンプロテーゼであご先を整える


ヒアルロン酸でのあご整形は手軽である一方、体内で吸収されてしまえば元に戻ってしまいます。

持続性の高いあごの整形法として、シリコンであご骨を補う方法があります。

あごを切開するのではなく、口の中からシリコンを挿入するのが一般的で、術後の跡は気になりません。

シリコンですから、いかにあご骨と馴染むかどうか?が自然な仕上がりのための重要なポイントであり、個人個人のあごの状況をしっかり考えてシリコンプロテーゼの形や挿入量を決めていく必要があります。

医師の高い技術力が要求されますので、費用的には20万〜40万円くらいが相場のようです。
posted by ago at 17:11 | アゴを整える通信

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。